数年前中国に遊びがてら数ヶ月行ってきました。クレジットカードに付帯している事故や怪我などの保険は長期には対応していないため旅行に行く前に近くの保険代理店でプランを作ってもらって保険に入り出発しました。

正直怪我なんてそんなにしないし保険は別に良いかなと思っていたのですが入っていて良かったなと思います。

というのも行って数週間後、思いっきり足をひねってしまって歩けない状態になってしまったからです。
上海に住んでいたので日本人向けの病院もたくさんあり、住んでいたホテルから近かった病院に行ったのですが見てもらった結果医師にギブスと松葉杖生活を勧められその場でギブスをされました。

そのときに思ったことはギブスって恥ずかしいとか、足が痛いとかそんな事では全くなくて、とにかく「お金はいくらかかるんだろう」ばかり考えていました。中国は物価が安いと言えども日本人医師、日本人看護師、きれいな病院という事で全く金額が読めませんでした。受付で呼ばれて支払いは保険会社を通すからいらないですよ。と言われて心からほっとしました。

日本人用の病院というのも良かったかもしれませんが保険様様~と思ったのは言うまでもありません。