先輩にネクタイ、後輩にルイ・ヴィトンの名刺入れをプレゼント

by

OLをしていたときに、退職する30代の男性にプレゼントを贈ったことがあります。

私は新入社員だったので、職場の先輩と一緒に買いに行ったのを覚えています。

私は営業事務として働いていたのですが、担当していた営業が退職することになりました。

入社してから、その男性に仕事を教わっていたので、本当にお世話になった人でした。

実は私が働いていた職場が割とブラック気味な企業で、社員みんな会社に対して不満を持っていました。

その男性も会社に対する不満が爆発して辞めることを決めたみたいなのですが、辞める際に上司と揉めてしまったようで、あまり良い雰囲気の中での退社ではありませんでした。

通常私の会社では、辞める人に花束と粗品を用意しているのですが、どうも噂ではその男性に何も用意しないみたいでした。

そこでせめてお世話になった私からだけでもプレゼントをしようと先輩に相談したところ、先輩も何も渡さないのはおかしいと賛同してくれて、営業事務みんなでプレゼントを渡すことになったのです。

プレゼントは花束とネクタイに決まりました。

ネクタイのブランドは忘れましたが、みんなでお金を出し合ったので百貨店に入っているような割と高級なブランドのものだったと思います。

会社に来るのが最後の日、退社前にその男性が、みんなの前で挨拶をしたのですが、部署をでたときに営業事務代表で私がわたしました。

男性はかなり驚いたようで、本当に嬉しそうでした。

次の職場も決まっていて同じ営業だったので、ネクタイを使うそうで、プレゼントして本当によかったと思います。

プレゼントを買うお金が足りないならお金を借りましょう!

次の給料で返せば無利息で借りることができる可能性もあります。

無利息で借入できるローンはどれだけお得なのか計算してみた

40代女性です。小さいながらも会社経営をしています。

私の会社はよい言い方をすると少数精鋭で、少ない人数でいろいろと名仕事を請け負って業務を行っています。そういう意味では、社員1人1人の働き方、仕事の仕方が、会社の成果に直接的に影響するので、本当に彼ら彼女らには頑張ってもらわなければなりません。

そういう部下の中に、30代の男性の社員がいます。うちの仕事のやり方としては、営業とプランナーを分けずに、1人の人間が、担当した会社との交渉から、相手の要望を聞いた企画の立案から、その進行まで一手に行うのですが、彼が去年から取り組んでいた仕事が、今回ひと段落をし、会社として大きな成果を挙げることができました。

業績的にも大きいですし、社会における私の会社の評価という意味でも重要な仕事でした。

それを見事にやりぬいた彼に、ごほうびと記念に、何かプレゼントしようと思い、悩んだ末に、ルイ・ヴィトンの名刺入れを贈ることにしました。

これは私も使っていて、非常に使いやすく、また彼の普段使っている名刺入れがかなりくたびれてきているのが気になっていたのと、あとは値段的には2万円程度なので、贈っても変な誤解を招くような金額ではないと判断し、贈りました。

彼は非常に喜んでくれ、それが理由ではないと思いますが、今一層の力をふるって、仕事にまい進してくれています。

毎日のように、新しいクライアント、長年のお付き合いのクライアントに会っていると思いますが、その際にあの名刺入れが登場していると思うと、ちょっとうれしい気がします。

売れる物は何でも売って、掃除&小金を稼ぐ

by

私は給料日前でお金が苦しくなった時、実家に帰っていました。
実家でご飯を食べさせてもらい、食品も分けてもらいます。

また小金を増やす為、本を売りに行きます。
本以外にも、売れそうな物があれば、掃除がてら売りに出します。
大した金額ではありませんが、数百円になるので、それを食費にあてます。

商品券も活用しました。
お金が無い時の為に残しておき、いざという時に使います。
金券ショップで売ると、数%金額が少なくなるので、売らずに使える店舗を見つけて消化します。

カードローンは今の所借りた事はありませんが、短い期間で返せる目処がある場合、利用してもいいとは思います。
短期間なら金利はほとんどかからないし、人に迷惑をかけるぐらいなら、民間の会社を利用する方を選択します。
できるだけ給料日前になっても困らない家計を目指していますが、結婚式など急な出費があれば、どうなるか解りません。

いざという時の為に、カードローンの情報はチェックするようにはしています。
返済に困らないようにできるだけ毎月の返済額が少ないローンを選びたいと思います。(返済額を少なく

出来れば借りたくはないですが

by

私は例え親であってもお金で迷惑だけはかけたくありません。

でも、どうしてもお金を借りざる負えなくなった時は親や兄弟から借りると思います。

すぐ簡単に借りれる所はありますが、もしそこから借りてあってはならない事ですが、万が一返せなくなった時の事を考えるととても恐いからです。

よく借金を作りすぎてもうどうにもならなくなってしまった人の話しを聞きますよね。そういうふうにはなりたくないので。

親からお金を借りるのも結構勇気がいります。もう家からは独立し自分で稼いでいながら親にお金が足りないから貸してなんて私はとても言えません。

それを聞いたら多分親は我が子が可愛そうなのできっとお金を貸してくれるでしょう。(すぐ借りれるお金

でも、私はそれに甘えてしまってはいけないと思うのです。一度借りてしまうとこれが私の意志の弱さかもしれませんが、また当てにしてしまいそうな自分がいてちょっと怖いです。

どんなに少ない金額であってももし借りてしまった時は必ず返す事がけじめというものです。

一番の理想は借金がなく程々に貯金も出来誰にも迷惑をかけないで生活する事ですが、現実はなかなかそう上手くはいきません。

毎日の生活で精一杯、貯金なんてとてもとても出来てません。

これから子供が大きくなり教育費などを考えると頭が痛い問題ですが、でも誰にも迷惑をかけず家族みんなが幸せに暮らせれば例えお金がなくてもなんとかなります。

そうやって乗り越えてきた人は世の中にたくさんいるはずですから。

お金に苦労した学生時代の就職活動

by

私が学生時代にお金がなくて困って苦労したことがあります。それは就職活動費でした。

当時大学四年生だった私は、就職活動で必要なスーツや鞄などを購入したり、電車や車での移動にかかる交通費やその時の食費などで本当に切り詰めて活動をしていました。ただ実家住まいだったためとりあえず衣食住は確保されてはいたのが救いでしたね。

大学四年生になり、バイトは辞め、貯金も学生最後だと思って、交遊費や所費に使い切ってしまっていました。これがバカでしたね。本当にお金がない時は、外食のご飯を抜き面接の帰り時、二駅も四駅分も歩いたりしていました。さすがに、これでは就職活動に支障が出ると思い、親に恥をしのんで10万円ほど借りた覚えがあります。

カードローンと違い、親から借りるのはカードの必要もないしATMに行く必要もありません。

親からはものすごい言われようはしましたが、切羽詰まった状況だったので、頼み込んでお願いをしました。その借りたお金のおかげで県外での就職活動も何とかできましたし、食事にも困ることも大分なくなりました。ただ収入がなかったため、節約しながら計画的に使っていきました。

その後思ったより早く内定が出て、半年以上大学生活が残りました。そこで、狙っていた資格の勉強をすると同時に、またバイトも始めました。借りていたお金が返せる状況になり親にお金を返そうとすると、もういいわ。と言われた時は本当に親に感謝しましたね。

それから社会人になり結婚して実家を出るまでは、必ず毎月家にはお金を3万円入れていました。それが4年ほどでしたでしょうか。お金は本当に大事ですね。

お金を借りる、という事についての考察

by

お金を借りる、と聞くと、特に日本人は「とても重い出来事」として考える向きがありますが、お金を借りる、つまり借金という言葉ではなく、ローンやクレジット、キャッシング、などという横文字の言葉でお金を借りる行為が表現されると、とたんにライトな感覚でお金を借りる事が出来るような気分になるのですから、まったく日本人は不思議な人種と言っても過言ではありません。

私自身、これまでに何度か生活苦やその時々で必要なお金を用立てる為、またどうしても欲しい物の買い物の為にお金を借りる、つまり借金を大手の消費者金融の金融業者や、中小の消費者金融の金融業者、そしてクレジットカード会社が発行しているクレジットカードや、銀行系のカードローン会社から借りた経験があります。

現代人にとって、借金、つまりお金を借りる行為は、ある意味で無くてはならない行為の一つともなっているフシがありますが、今の時代は大手の消費者金融の金融業者や中小の消費者金融の金融業者、そしてクレジットカード会社や銀行系のカードローン会社が乱立しており、これらの金融業者から好きな時にお金を借りる事が出来る状況になっています。

どんな金融業者からでもいつでも好きな時にお金を借りる事が出来る、気軽にカードレスでお金を借りる事が出来てしまう、という事は、いつでも急場のお金を用意するのにとても便利である反面、借金によって生活苦がさらに進んでしまったり、借金で首が回らない状態になってしまったりとデメリットも確かに存在しています。

ホテルでの夜勤業務

by

私は以前ホテルの受付にて勤めている際に夜勤業務をしました。

業務内容はほぼ次の日の宿泊ゲストへの宿泊準備などでしたが、ホテルは24時間お客様がいることから、外出先から夜遅くに戻られるお客様や客室からの依頼、予約の電話などを対応していました。

クレームも日中に比べ少ないのですが、私の務めたホテルでは夜勤のスタッフの人数は少ないため、起こってしまった時は大変でした。

大きなクレームの際には、数人のスタッフがそのお客様に長時間対応せざるおえないので、残ったスタッフは、他のお客様からの依頼対応や次の日の宿泊ゲストの予約プランに沿って各チケットを用意するのですが、依頼が多くなると、作業がなかなかはかどらず、翌日のチェックインギリギリまで作業をし続けるなど、作業に集中することが出来ない事が多々ありました。

また、お客様が体調を崩し、救急車を呼ぶ事もありました。その際落ち着いて、お客様に接する事は難しかったです。

私は幸い経験することは無かったのですが、自殺をはかるお客様もいらっしゃるようです。

接客業には付き物の、いつなにが起こるか分からない事や、ホテルなので、24時間お客様の対応が続くことで、作業が思うようにはかどらないないなど、今まで経験をした仕事の中でも一番心労を感じた仕事でした。

病院看護師の仕事の募集について。

by

私は今は専業主婦ですが、もしこれから先、看護師かスーパーで働こうかな?と思った時、求人情報をどこで探すかと言えば、自分がよく行っているスーパーや新聞の折り込みチラシかハローワークで探そうと思っています。

まず、自分がよく行っている病院だったら家からも近いし、スーパーだったら買い物をしながら仕事の様子を見ることもできて一石二鳥かな?と思ったからです。

スーパーの理由は、以前スーパーのお惣菜でパートで働いていたので、お惣菜の仕事なら経験済みだし、すぐに仕事ができそうかな?と思ったからです。

あと、新聞の折り込みチラシは、よく日曜日などに求人情報の折り込みチラシが入っているので自分の希望に合う仕事や時間帯などが家でゆっくり見ることができるのでいいなぁ~と思いました。

また、ハローワークに行って看護師の募集情報を探すのも具体的な内容や条件などを見ながら検討をすることができるし、分からないことはハローワークの人に聞いたりすることもできるので、自分の希望するパート先を見つけられそうだなと思ったからです。

今の時代に思いもしなかった私のアルバイト経験

by

以前、ファミレスでアルバイトしてた時の出来事。その日は休日の昼間。お母さん達数人とその子供たちが来店。親は世間話に夢中で子供たちには見向きもせず、子供は好き勝手に騒ぎ、店内をウロウロ。

他のお客様の迷惑など考えないとんでもないお客さんだなと思いながらも、店内は昼食時で忙しく、そのまま忙しく働いていました。

しばらくすると、店内が少し静かになったので、店内を見回したところ、その団体の姿がない。やっと帰ったんだとホッとしていたところ、店長が店の外をウロウロ。血相を変えて店内に戻ってきた。

「どうしたんですか?」と尋ねると、さっきのお客は1人残らず帰ったのかと聞いてきた。「いつの間にか帰ったみたいですね」と普通に答えたところ、店長からさっきのお客がお金を払わず帰ったことを聞かされた。

無銭飲食なんて、テレビのドラマくらいで今のこの時代にあるなんて考えてもみなかった私。店内で行動が怪しければチェックするものの、子供連れで無銭飲食をするなんて想像もしなかった。

店内が忙しくて、レジにスタッフがいない隙を狙ってそのまま帰ったみたいだけど、そんなことをして子供たちに対して恥ずかしくないのかと、その非常識な出来事に驚きました。

私は看護師の免許を持っているのですが、看護師はしんどいので看護師 単発の仕事もやらずレストランで働いてみましたが、いろいろ社会勉強になりますね。

中学校の修学旅行で原因不明の発熱、胃痛。

by

もう、随分昔の話になりますが、私は中学校の修学旅行に行った時、原因不明の発熱、胃痛に苦しみました。

3泊4日で、日光、東京、箱根方面の旅行だったのですが、2日目に東京へ行く時のバスの中で、なんだか体が火照ったような感じで、気分も良くありませんでした。

一瞬、バスに酔ったのかなとも思ったのですが、明らかに乗り物酔いの症状ではありませんでした。暫く経つと胃痛が起こり、東京タワーに到着した時は、昼食ものどを通らないほどでした。

幸い、その日の宿泊先には、予定よりも早目に到着しました。

夕方から、歌番組の生放送を見に行く事になっていました。体調悪くてもどうしても見に行きたくて、ツアーナースの先生と一緒に近くの病院で診てもらいました。

病院でも原因がはっきりせず、神経的なものとしか思えない、という事でした。結局注射を一本してもらい、薬を貰って宿へ戻りました。

でも、その時お医者さんに診てもらったお陰で気分も楽になり、その歌番組を見に行くのに参加する事が出来ました。

今思えば、生放送の歌番組なんて、見るのは初めてだったので、楽しみにし過ぎて気分悪くなったのかも知れませんよね(笑)。

少し長い期間の海外旅行で保険は絶対必要!

by

数年前中国に遊びがてら数ヶ月行ってきました。クレジットカードに付帯している事故や怪我などの保険は長期には対応していないため旅行に行く前に近くの保険代理店でプランを作ってもらって保険に入り出発しました。

正直怪我なんてそんなにしないし保険は別に良いかなと思っていたのですが入っていて良かったなと思います。

というのも行って数週間後、思いっきり足をひねってしまって歩けない状態になってしまったからです。
上海に住んでいたので日本人向けの病院もたくさんあり、住んでいたホテルから近かった病院に行ったのですが見てもらった結果医師にギブスと松葉杖生活を勧められその場でギブスをされました。

そのときに思ったことはギブスって恥ずかしいとか、足が痛いとかそんな事では全くなくて、とにかく「お金はいくらかかるんだろう」ばかり考えていました。中国は物価が安いと言えども日本人医師、日本人看護師、きれいな病院という事で全く金額が読めませんでした。受付で呼ばれて支払いは保険会社を通すからいらないですよ。と言われて心からほっとしました。

日本人用の病院というのも良かったかもしれませんが保険様様~と思ったのは言うまでもありません。

1 2